サービス

逐次通訳

スピーカーがある程度喋り、いったん止まり、通訳者が発言を訳します。スピーカーが喋るのと同じだけの時間が通訳にかかります。1時間の会議で逐次通訳を入れますと、実質的には30分のミーティング時間になります。半日程度の会議であれば、基本的に通訳者1名で対応いたします。

同時通訳

スピーカーの発言に若干遅れながら、ほぼ同時に訳していきます。通訳を利用する人数が多い場合は、簡易同時通訳機器や本格的な同時通訳ブースを使います。逐次通訳のように通訳だけにかかる時間はありませんので、会議の時間を有効に活用できます。当事務所では、山本と提携通訳者の2名でチーム体制を組んで対応に当たります。

実演

0:00~3:18
9:28~最後まで
の通訳を担当しました

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ